神前タイプの式で着用する新婦の和装の種類

もっとも格の高い衣装である白無垢

神前タイプの結婚式で着用する衣装は和装が基本ですが、その中でも新婦が着用する和装にはいくつか種類がありますよ。一般的に多くの人が神道タイプの四季でイメージすることが多いのが白無垢になります。白無垢自体は花嫁衣装の中でも、一番格の高い衣装になりますよ。最大の特徴はやはり全てが白一色という点が大きいですよね。打掛の他に掛け下や帯にその他の小物に至るまで、全ても物の色は白に統一されています。また真っ白な着物と合わせて、やはり印象に残るのが綿帽子ですよね。白無垢と合わせて綿帽子を利用できるのは、婚礼の儀のなかでも白無垢を利用した時のみになるので特別な衣装といえますよね。また綿帽子以外であれば、角隠しを合わせるなど工夫することもできますよ。日本独特の和装ができるだけでなく、白一色である神前だからこそ選べる衣装になるので、カップルにとっても特別な思い出にすることができますね。

華やかさがプラスされる色打ち掛け

結婚の際に着用する事ができる和装の種類の1つとして、色打ち掛けがありますよ。色打ち掛けは日本では室町時代以降に着用するようになった衣装であり、しっかりした礼服とされていますね。花嫁の和服の中でも印象が強い白無垢がありますが、色打ち掛けも白無垢と同じように婚礼式服となっていいます。イメージとして色打ち掛けは披露宴で選べばれることが多いですが、婚礼の儀の際に利用しても全く問題はない衣装の1つです。また色打ち掛けの場合は角隠しを組み合わせることが一般的でしたが、最近では色打ち掛け用の綿帽子などの利用も増えていますね。なによりも華やかな色合いの着物になるので、自分の好きなカラーを組み合わせるなどカップルの希望に合わせて着用できると言う点が人気が高い和装になります。挙式と披露宴の両方おを色打ち掛けで行う事もできるので、費用面でも抑えられると言う点で選ばれる場合も多いですね。

動きやすく豪華さのある黒引き振袖

神前などの和装で結婚を取り行う場合に新婦が選べる種類として引き振袖がありますよ。日本で江戸時代の後期から昭和の初期頃まで、結婚のさいの花嫁衣装として選ばれている和装として一番多かったのが黒引き振袖でした。特徴としてはやはり黒引きと呼ばれるように、黒地をメインにした振袖になります。また帯は金などの艶やかで豪華な帯を着用するのも特徴ですね。ただし格としては白無垢や色打ち掛けと比べてしまうと下になってしまいますが、それでも黒引き振袖独特の美しさがありますよね。また他の和装に比べて大きな違いの1つとなるのが、身のこなしなどが軽く動きやすいと言う点が大きいです。そのため婚礼の儀から披露宴を行う場合でも、普段着なれない和装であっても新婦にあまり負担にならずに行えると言う点もありますよ。また角隠しなどを組み合わせる場合もありますが、髪型を好きなようにアレンジして和装に合わせるなどの工夫することもできます。

記事一覧