結婚の儀は神前式が人気があります

結婚式は伝統文化を織り交ぜましょう

日本で行われる結婚式の仕方には、大きく分けて二種類あります。日本の神道に基づいた神前のものと、キリスト教の教会に基づいたキリスト教のものです。新郎新婦のご趣味に応じてお選びいただけるわけですが、昨今は神道に基づいた形のものが人気が集まっています。キリスト教のタイプの場合は、ホテルの一室を協会に見立てて行うものであり、また神父の方も実際の現職にある方ではなく、役者のかたを神父に見立てて行います。姿形は神聖なキリスト教儀に近いものですが、やはり本物ではないということで毛嫌いする方も少なからずいます。しかし、神道のものは、実際の現職の神職にある方にきていただくものですし、会場も数百年以上もの歴史のある実際の神社を利用することもあります。伝統にこだわる方ほど、神道タイプをお選び頂くということかもしれません。

日本各地に会場になる伝統神社は存在します

神前タイプの場合でも、会場の選択肢はたくさんあります。都内の高級ホテルの一室に神道に基づいた祭壇を設けられているところもあり、披露宴会場の近くで行うことができるところもあります。また、日本の歴史深い伝統神社の中でも結婚の儀を行うこともでき、その場合のサービスも多くの神社で提供されています。伊勢神宮などの結婚の儀は人気が高く、何か月前から予約が埋まってしまうということです。一生の一度の記念すべき結婚の儀ですから、より本質的な場所で行いたいと望むのは人として当たり前のことかもしれません。その伝統の儀の場所、神社は日本全国にあります。旧跡名所として観光地にもなっている神社では、公式サイトで結婚の儀の受付もしているところもあります。神社のような伝統文化の代表のような場所でも、敷居の高さを感じる必要はありません。会場の見学にも気軽に応じてくれますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせをされることをお勧めいたします。

神様の前で二人の間を誓いあいましょう

神道タイプにしてもキリスト教タイプにしても、神様の前で二人の関係を誓いあうという目的をかなえてくれる場所です。神前式であれば、まさに神が目の前にいるということですから、そこで誓ったものは一生涯堅く結ばれた契約として、二人の将来を決定づけてくれるでしょう。もともと強い結び付きができているから結婚をしたわけですが、神聖な場所で改めて誓うことで、その絆が深まることは間違いありません。結婚をした際には、神の前でその関係を誓いあいましょう。

記事一覧