神前タイプの式を挙げる際の内容について

日本における神前の式の歴史について

日本では仏教が全国的に広く布教していますが、それと同じように昔から信仰されているのが神道がありますよね。日本には古来から多くの神様が生活に関係しており、身近なところでは神社は数多くあり七福神などは有名ですよね。そんな神道をとりいれた結婚を取り行う儀式が、神前とよばれていますよ。ただし一般的に民間に広がったのはつい最近といってもよいでよ。大正天皇が結婚される時に執り行われたものがベースとなっており、それ以降から一般的にも神道タイプの結婚が行われるようになりました。最近ではウェディングドレスなどを着用するタイプやキリスト教タイプなどが多いですが、日本独特の文化を感じられるとして神道タイプも人気のありますよ。

実際に執り行う場所や費用について

実際に神道タイプの結婚を取り行う場所ですが、基本的には神社が多いです。直接神社に依頼して結婚の儀を取り行えるかどうかを確認する必要があります。その後は披露宴などは通常の式場へ移動する場合が多いですね。ただし必ず神社で執り行わなければならないというわけでもないですよ。最近では結婚式場のプランの1つとしてして神道がとりいれられている場合もあり、その際は神主の方が会場まで来てくれて取り行ってくれます。そのためその場合は披露宴会場への移動の負担などが減りますね。費用面では披露宴などは考えない場合ですが、平均して5万円程度と考えておくとよいですね。そのため他のキリスト教タイプなどに比べるとリーズナブルに費用を抑えて執り行うことができますよ。ただしあくまでも平均的な相場になるので、その他にオプションとして三管演奏などを依頼した場合は、別途費用がプラスされると考えると良いですよ。

神前タイプを執り行う際のメリットについて

結婚と聞くとやはりイメージしてしまうのが花嫁衣装ですよね。その中でもウェディングドレスは女性にとってあこがれの対象となっていることが多く、多くのカップルが選ぶ傾向があります。ですが同じように日本独特の結婚であれば、純白な着物に身を包む白無垢がありますよ。真っ白な着物に身を包んだ花嫁の方は、綿帽子からかすかに除く顔なども独特で素敵ですよね。そのため日本独特の文化である結婚を体験することができますよ。また小さいころから七五三や初詣などで利用していた神社をより深く体験することもできますね。日本だからこと体験できる神社独特の威厳や雰囲気は、やはり神聖なものであり厳かな中で和装は素敵ですよね。

記事一覧