友人のゲストとして和装で参列する場合

冠婚葬祭の中でも結婚の招待が届くとおめでたい気持ちになりますよね。友人でも身内でも、カップルとなる2人の新しい門出をお祝いできることはとても喜ばしいです。招待された際はしっかりマナーを守って参列することが基本ですが、式の内容で神前タイプの場合がありますよね。そんな時に参列する際の和服の選び方ですが、まずは男性の場合です。男性で和服を選ぶ人は少ないかもしませんが、あえて神前という場に合わせたい場合は正装や準礼装を選びます。色合いなどは新郎や両家の父親への配慮も踏まえて、落ち着いた色合いで控えめな物を選ぶと良いですね。女性の場合ですが、未婚の女性であれば振袖を選ぶのもよいですよ。それ以外であれば訪問着などを選ぶとマナーのある装いにする事ができます。そのほかは男性と同じように柄や色合いなど派手なタイプは抑え、新婦に配慮したデザインを選ぶことがポイントですね。

友人ゲストとして洋服で参列する場合

通常の結婚式であればさほど問題はないのですが、神前タイプの場合は洋服で参列してもよいのかどうか迷いますよね。確かに儀式自体はカップルとも和装となりますが、参列する側であればあえて和服に合わせる必要はなく洋服でもまったく問題はありませんよ。男性であればスーツの着用で問題はありせん。色合いとしては黒の他に白がグレーなどがよいですね。ネクタイなどは白一色でもよいですが、白と合わせて銀や黒などがデザインされている物でもよいです。女性の場合ですがたとえ友人であってもカジュアルスタイルはマナーに反するので、しっかりと礼装を行うのが大切です。ただし露出が多いドレスは控えたほうがよいので、肩のでるワンピースやノースリーブタイプの場合はストールなどを活用して肩を隠す工夫を行うと良いです。

カップルの両親が式に出席する際の服装について

カップルの両親が出席する場合の洋服ですが、他のゲストと同じように和服にこだる必要はなく洋服でも問題はありません。ただし新郎新婦の両親と言う事になるので、通常のゲストとは異なる和服や洋服を選ぶ必要がありますよ。まず父親の場合で和服であれば、紋付羽織袴を選ぶようにします。洋服であれば燕尾服やタキシードなどがよいです。その他にはモーニングコートなども洋服として選ぶ事ができますよ。母親の場合ですが、和服であれば黒留袖を選びます。洋服であればアフタヌーンドレスの他にイブニングドレスなどを選ぶようにします。新郎新婦の両親であれう場合は、衣装の格も新郎新婦と同格にすることが重要と言えますね。ただしあくまでも主役は新郎新婦になるので、同格ではありますが控えめにすることがポイントですよ。

本店はJR中央線「東中野」駅から徒歩1分です。 挙式日より6か月以上前のお申込みで挙式のムービー撮影をプレゼントさせていただきます! BIKEN-Bridalでご成婚・挙式をされたご夫婦の幸せレポートも配信しております。 大人数だけでなく10人規模やお二人のみでの神前式も可能でございます。ご相談ください。 熊野神社をはじめとした由緒正しい神社です。 和婚や神前式をお考えなら是非BIKENをご利用ください

記事一覧